RSKハウジングプラザ

中四国最大級規模 岡山・倉敷の総合住宅展示場

[営業時間] 10:00~17:00(センターハウス) [定休日] 毎週水曜日(祝日の場合営業)

アクセス・お問い合わせ

住宅取得優遇策

マイホーム取得には、税金が返ってくる住宅ローン減税や、住宅資金贈与を受ける場合に有利な贈与税の特例があります。これらを賢く活用し、ローン返済などに役立てましょう。

マイホームの得する税金 住宅ローン減税

仕組み

住宅ローン減税(住宅借入金等特別控除)は、年末のローン残高の1%を上限に税金が返ってくる制度です。実際に支払う所得税の範囲内で税金が返ってきますが、それでもまだローン残高の1%に満たない場合は、住民税からも136,500円を限度に還付されます。(前年の課税所得の7%と136,500円の少ない方の金額が上限)

控除額等の条件を、下記の表にまとめています。

  省エネ等住宅 一般住宅
控除対象
借入限度額
平成26年居住~2021年12月31日 5,000万円 ※ 4,000万円 ※
控除期間 10年
控除率 ・所得税 : 年末ローン残高の1.0%
・所得税で控除しきれない場合は住民税からも136,500円と前年の課税所得の7%と、どちらか少ない方の金額を上限に控除。

活用方法

例えば、年間15万円の税金の還付金を10年間受け取ると合計150万円になります。これを貯蓄しておき、住宅ローンの一部繰り上げ返済資金にあてることで、支払利息を少なく返済期間を短縮するなどの効果が得られます。

住宅取得資金の贈与税について すまいの給付金リンク
SKIP