RSKハウジングプラザ

中四国最大級規模 岡山・倉敷の総合住宅展示場

[営業時間] 10:00~17:00(センターハウス) [定休日] 毎週水曜日(祝日の場合営業)

アクセス・お問い合わせ

低金利

住宅ローンは低金利で推移し住宅ローンを組むには有利な状況です。

 住宅ローン金利は1%を下回る金利のものなど、低金利で借り手には有利な状況が続いています。しかし長期の返済期間の間には、景気や経済対策の動向によって金利が上昇する可能性もありますので、ご自身に合った住宅ローンを選択しましょう。

ちなみに、2500万円の住宅ローンを35年返済、金利1.0%で借りた場合と、同じ条件で金利0.8%で借りた場合では、金利差0.2%で総支払利息に約100万円の差がでます。
(1.0% では総支払利息462万円  0.8% では同365万円)


低金利を活かし金利上昇に対応するための住宅ローンの組み方は二つの方法が考えられます。

①全期間固定金利の住宅ローンを組み、低い金利を最後まで享受する
②金利の中でも一番低い変動金利タイプの住宅ローンを組み毎月の返済額をより少なくする。
金利上昇の兆しがあれば、そこで長期間固定のタイプに変更や借換えをすることもいいでしょう。

金利の動向等の情報を見通せるか、金利上昇による返済額増にどの程度耐えれるかにもよりますので、ご自身に合ったローンを組んでください。
詳しくは、定期的に開催される無料相談会や各金融機関でご相談いただけます。

SKIP